喘息とは何?

喘息という病気は、気道が症状を起こさなくても炎症を起こしている状態になります。その為、健康な人に比べると炎症によって気道が狭くなってしまっていることから空気が通りにくくなっています。
炎症が起こっている気道は、とても刺激に敏感となっていますのでホコリやタバコ、ストレスなどによっても発作が起こりやすくなります。
これらは、正常な気道の人であれば気にならない程度の刺激ですが、喘息を持っている人にとってこれらの刺激は発作を起こしてしまう危険なことになります。
その為、常に喘息の薬を常備したり、定期的に診察を受けて治療を受けたりすることになります。
もし、喘息の薬を飲まなかったり、治療を受けなかったりすればどうなるのか知っているでしょうか>
喘息の治療は、発作が起こった時だけ治療を受けても、炎症を改善することはできません。一時的な治療でもらう喘息の薬も、あくまでも今の症状を抑える為に飲むという薬になります。
ですから、また発作を起こすまで放置してしまうという人も少なくはありません。しかし、一時的な治療だけだと見た目的に良くなった気がしますが、炎症は悪化しています。
炎症が悪化しているとなれば、今まで以上に敏感となっている状態ですので発作を頻繁に起こしやすくなってしまいます。

頻繁に発作が起きてしまうと、一時的な治療によって処方された喘息の薬では症状は良くならないということになるでしょう。
ですから、喘息を持っている人は定期的に診察を受けて治療を受けること、自分に合った喘息の薬を処方してもらうようにしましょう。

Page Top