二種類の薬

喘息の薬には、大きく分けて二種類の薬があります。それは、発作を起こさないようにする薬と発作を鎮める薬です。
喘息の発作が起こった時は、人によっては動けないぐらい辛い思いをすることになりますし、最悪の場合は病院へ搬送されてしまうほど発作が酷くなってしまうことがあります。
ですから、喘息の薬ではこの二種類の薬が処方されるということになります。
発作を起こさないようにする薬は、長期管理薬という毎日飲む薬になります。この薬には、抗炎症薬の吸入ステロイド薬や気管支を拡張できる薬などがあります。
他にも、薬には色々な種類がありますが、吸入薬、貼り薬、飲み薬、注射薬というのが基本となる薬です。
これらを毎日飲むことで、気道の炎症を抑えられるようになり、辛い発作が起こらないようにできます。
しかし、喘息は日常生活の中でいつ起こるか分からないこともあります。その為、病院からは発作が起こった時に鎮める為の薬を処方してくれます。
発作を鎮める喘息の薬は、主に吸入薬となります。これには、発作が起こった時に吸い込むことで炎症を抑えられる薬剤を服用できるようになっています。
吸入薬は、錠剤などよりも直接気道へ薬剤を与えられることから、発作を鎮める喘息の薬としては一番良い効果があります。

このような薬を喘息の人は、常に持っておかないといけません。
ですが、しっかりと治療を受ければこういった薬に頼らなくても良いようになっていきますので、しっかりと治療を受けるようにしましょう。

Page Top